メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

病気のはなし

下肢のむくみについて

心臓血管外科 川崎 暁生

 下肢がむくむ原因はいろいろありますが、今回は当科で治療を行っている、足自体に問題があるむくみについてお話します。  血流には心臓から血液が流れてくる動脈と、心臓に血液が戻っていく静脈があります。動脈の流れが悪くなると、歩いたり動かしたりした時にだるさや痛みが生じます。静脈の流れに問題が生じるとむくみが出現します。

 エコノミークラス症候群と言う言葉を耳にしたことがあると思いますが、飛行機で長時間座ったまま移動したり、病院や自宅で寝たきりの生活をしていると、足の血液循環が滞り、静脈内に血栓(血の塊)が出来ます。血液は流れていないと固まってしまいます。足は第2の心臓といわれますが、歩いたり、足の曲げ伸ばしで筋肉が収縮すると、血管が圧迫されて血液が心臓へ戻るのを助けてくれます。足の静脈内に血液の塊が出来るとむくみが生じ、さらにこの血液の塊が、はがれて流れていってしまうと、心臓を通り過ぎて肺の血管に詰まります。そうすると肺から酸素が取り込めなくなり、急に呼吸困難となります。これがエコノミークラス症候群といわれている症状です。突然死する可能性のある怖い病気です。専門的には肺動脈血栓塞栓症と言います。最近では震災などの災害によって、避難生活を余儀なくされた方々が、車中泊などで長時間の同一姿勢や座ったままの睡眠でエコノミークラス症候群を発症することが問題となりました。軽症の場合には無症状のこともありますが、肺の血管に血栓が認められれば原則入院治療となります。足の太い静脈に血栓が出来ることを深部静脈血栓症と言いますが、血栓量が多い場合は同じく入院治療が必要で、下腿に限定されるなど血栓量が少ない場合は、外来にて内服治療となります。造影剤を使ったCT検査をすることによって、肺動脈と足の静脈を一度に検査することが出来ます。造影剤にアレルギーがあったり、腎臓の機能が落ちている患者さんの場合、腎臓に負担がかかる為、下肢血管超音波(エコー)検査を行って診断します。血液検査でも血管の中に血栓が出来るとD-ダイマーという値が増えてくるので、むくみとD-ダイマー上昇で、深部静脈血栓症が疑われます。

 足の静脈が膨らんで浮き出たり、瘤(こぶ)のようになった状態を下肢静脈瘤と言います。下肢静脈瘤でもむくみが出現します。足の血液は静脈内を重力に逆らって心臓に戻っていく必要があります。静脈には一旦心臓に近づいた血液が戻らないように“弁”がついていて、血液が心臓に戻っていく仕組みになっています。ところがこの“弁”が壊れてしまうと血液が逆流して足に血液が溜まってしまい、血管内の圧力も高まり、血管が徐々に膨らんできてしまいます。この状態が静脈瘤です。初期の段階では、血管の怒張のみで症状はありませんが、進行するとむくみが出たり、他の症状が出現します。当院では静脈瘤に対してレーザー治療やストリッピング手術を行っています。軽症の方には弾性ストッキング(圧迫靴下)の使用をお勧めしています。

 正常な人でも夕方には軽度のむくみは出現します。明らかな原因なく、歳と共に、筋肉量が減少し、運動量が減ってくるとむくみの原因となることもあります。低栄養や貧血などが隠れていることがあります。術後などに起こるリンパ浮腫というのもあります。  足のむくみが気になる方はぜひ一度検査を受けてみてください。病的なものでなければ安心できますし、原因がわかれば、症状を軽減することが出来ると思います。

詳しくはこちらの診療科にて