メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

患者さまへ

整形外科・リハビリテーション科

地域医療の中心的な役割を果たすべく、ご紹介いただいた手術的な治療が必要な方の入院治療を中心に、MRI、CT、骨密度などの検査や神経ブロック、保存的治療で入院が必要な方々にも、適切で迅速な診療を行うよう努めております。
予約制かつ紹介患者を優先としているため外来受診の際は、かかりつけ医に相談のうえ紹介状をもって来院されるとよりスムーズに受診できます。

整形外科
部長
赤坂 嘉之
資格 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本リウマチ学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
難病指定医
身体障害者認定医(整形外科 肢体不自由)
日本医師会認定産業医

股関節の治療法や技術は進歩しています
ひとりで悩まず専門医に相談しましょう


リハビリテーション科
部長
山田 紀彦
専門・得意分野 手の外科
資格 日本リハビリテーション医学会認定臨床医
身体障害者認定医(肢体不自由)

整形外科・リハビリテーション科概要

診療体制

・月~金の午前は外来診療
・月、水、金の午後が手術日ですが、午前から手術を行うこともあります。

治療方針

四肢の外傷は骨折や脱臼のほかアキレス腱断裂や手の外科の領域にも対応し、脊椎は首や腰の椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症のほか靭帯骨化症などの難病指定疾患の手術治療、膝関節や股関節は変形性関節症に対する人工関節置換術、スポーツ外傷の関節鏡視下靭帯再建術など、幅広い診療を各分野の経験豊富な医師が担当します。手術後は早期からリハビリテーションや安心して退院していただくための生活環境指導などのサポートに、スタッフ全員で力を注いでいます。

得意分野

椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、膝や股関節の人工関節置換術や靭帯再建術などの手術で実績多数

整形外科。

取り扱う主な疾患

整形外科

・四肢の外傷:骨折や脱臼のほか、アキレス腱断裂や手の外科の領域にも対応
・脊椎:首や腰の椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などの手術 治療
・膝関節や股関節:変形性関節症に対する人工関節置換術
・スポーツ外傷:関節鏡視下手術(半月板切除や靭帯再建術)

リハビリテーション科

整形外科疾患(骨折、脊椎・関節変性疾患、スポーツ障害、関節リウマチ)
神経内科疾患(パーキンソン病など各種神経疾患)
脳血管疾患
心大血管疾患
乳癌術後、慢性呼吸不全など

担当医紹介

整形外科
医長
山崎 嘉之
資格 日本整形外科学会専門医
日本内科学会認定内科医

整形外科
医師
鈴木 祐司

治療手技

整形外科

整形外科、脊椎外科一般
スポーツ整形、アレルギー・リウマチ科、股関節外科、手の外科、外傷外科

リハビリテーション科

上記疾患に対する特に早期リハビリ

主な検査と説明(入院検査、外来検査)

専門外来

関節外科外来(予約制)
股関節外科外来(予約制)

専門検査

脊髄造影、関節造影、硬膜外造影、神経根造影
脊椎・四肢MRI/CT
関節鏡検査
整形外科的検査一般

診療実績

令和元年度 手術実績

手術総数 440

脊椎
手術 手術件数
腰部脊柱管狭窄症 13
腰椎椎間板ヘルニア 9
頚椎症、後縦靱帯骨化症 12
合計 47
手指
手術 手術件数
手根管症候群、肘部管症候群 14
骨折 76
ばね指 16
腱縫合 4
軟部腫瘍 3
合計 115
人工関節
手術 手術件数
人工股関節全置換術 6
人工膝関節全置換術 11
合計 20
スポーツ
手術 手術件数
前十字靱帯再建術 3
半月板損傷(関節鏡) 6
アキレス腱断裂 16
合計 25
大腿骨近位部骨折
手術 手術件数
骨折観血的手術 41
人工骨頭置換術 42
合計 84

整形外科で手術を受けられる患者さんへ

日本整形外科学会症例レジストリー
(Japanese Orthopaedic Association National Registry)
構築に関する研究について

当科は日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)に参加しています。 プライバシーに配慮した上で当科で行った手術の情報を研究目的に利用させていただいております。

 

症例登録のために、検査の追加や、手術、入院期間の延長が行われることはなく、診療自体に影響を与えることはありません。
患者さんが本事業に対して、参加を拒否していただくことは可能であり、拒否されても、日常の診療で不利益を被ることは一切ありません。

 

詳しくはこちらをご覧ください