メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

患者さまへ

外科 呼吸器・甲状腺

呼吸器外科概要

当科では胸部疾患(肺癌、転移性肺癌、肺腫瘍、胸壁腫瘍、自然気胸、胸部外傷)、縦隔疾患(縦隔腫瘍)などを中心に診療を行っております。
診断から治療までを一貫して行えるのも当科の特徴です。また当院呼吸器内科とも連携を図り、手術適応、治療方針等についても週1回のカンファレンスで検討を行っております。
年間約70~80例の全身麻酔呼吸器外科手術を行っており、胸腔鏡手術から拡大手術まで幅広く対応しております。手術では安全性と根治性を第一に考え行っています。

担当医紹介

呼吸器外科部長 加藤 靖文
資格 日本外科学会専門医・指導医
日本呼吸器外科学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
日本呼吸器学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
身体障害者指定医(呼吸器機能障害)
医師緩和ケア研修会修了
がんのリハビリテーション研修終了
Doctor's Fileにインタビューが掲載されました。

呼吸器外科医長 福田 賢太郎
資格 日本外科学会専門医
難病指定医
緩和ケア研修会修了
肺がんの治療について
当院では肺がんに対しては胸腔鏡(内視鏡)手術を多く行っています。従来の手術法と比べ、術後の痛みや機能障害が少なく、早期に退院が可能です。
進行がんには呼吸器内科・放射線科と連携し手術・化学療法・放射線治療を組み合わせた治療を行います。
また、術後のフォローアップを大事にしています。抗がん剤などによる術後補助化学療法を行い、再発を抑えます。
肺がん健診について
肺がんは、現在ではがん死亡原因の第一位となっており、がんの中でも悪性度が高く生存率が低い病気であると言われています。しかし、早期のうちに発見し、治療の選択肢を多く持つことができれば、治すことが可能です。そのためには「肺がん検診」の受診がなにより重要です。胸部レントゲン写真による検診で発見された場合、5年生存率はほぼ40%、CTを用いる検診では、5年生存率80%以上という実績が示されています。当院の人間ドックでも受診が可能ですので、ぜひ積極的にご利用下さい。

甲状腺外科概要

頸が最近腫れている気がする、人に頸が太くなったと言われた・・などの症状がある方、当科を受診してみてください。

甲状腺疾患のなかで外科的治療を必要とする疾患を取り扱っております。

  1. 甲状腺がん
  2. 甲状腺腫瘍
  3. 腺腫様甲状腺腫
  4. バセドウ病
  5. 副甲状腺疾患

甲状腺専門の伊藤病院での診療経験を関東中央病院に来られる患者さまのために生かしたいと考えております。
また伊藤病院との連携も行っておりますのでご希望の方はご相談ください。

担当医紹介

非常勤医師 林 博樹
資格 前東京医科大学呼吸器甲状腺外科助教授
日本外科学会認定医、専門医
日本呼吸器内視鏡学会専門医
日本呼吸器外科学会専門医
甲状腺外科学会専門医
医学博士
IASLC学会員
学会関連施設
  1. 日本呼吸器外科学会関連施設(基幹施設:東京医科大学病院)
  2. 日本呼吸器内視鏡学会関連施設(基幹施設:東京医科大学病院)

診療実績

疾患別手術数
疾患名 令和元年 令和2年
原発性肺癌 34 41
転移性肺腫瘍 13 5
その他(良性腫瘍、炎症) 3 4
悪性胸膜中脾腫 1 0
胸壁腫瘍 1 1
胸腺腫 5 6
縦隔腫瘍(良性) 0 4
気胸 64 52
膿胸 13 5
外傷性血胸 3 7
その他 12 8
合計 148 133
肺悪性腫瘍手術内訳
疾患名 平成29年 平成30年
胸腔鏡下肺
悪性腫瘍手術
肺葉切除 14 26
区域切除 1 3
部分切除 1 3
肺悪性腫瘍手術
(開胸)
肺全摘 1 0
肺葉切除 14 15
その他 1 0
胸膜全摘(P/D) 0 1
縦隔腫瘍手術 胸腔鏡下縦隔腫瘍手術 2 4
胸骨正中切開 1 2
胸腔鏡下胸壁腫瘍手術 0 2
甲状腺外科手術件数
疾患名 令和元年 令和2年
甲状腺癌 8 2
バセドウ病 1 0
甲状腺腫 6 2
副甲状腺腫 1 1
その他 3 6
合計 19 11

その他

「第11次事業 2021年に外科治療を施行された肺癌症例のデータベース研究」
へのご協力のお願い
 

 呼吸器外科では、下記のような診療を受けていただいた患者さんのデータを用いた臨床研究を行います。患者さん個人のお名前や、個人を特定できる情報は一切公表いたしません。
 皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

研究課題名:第11次事業 2021年に外科治療を施行された肺癌症例のデータベース研究 

研究目的 : 全国規模の呼吸器外科基幹施設・関連施設の多施設で肺癌外科切除例を集積を検討することにより、予後・治療の妥当性を検討することです。

研究概要:現在、呼吸器外科基幹施設・関連施設で行われているNCD(National Clinical Date)をベースに2021年全国で行われる肺癌外科手術症例を前向きに集積することにより、予後解析、合併症等の発生頻度の検討をします。

対象となる患者さん
2021年1月1日~2021年12月31日に当科において、肺癌手術を受けられた方 

公示期間  2021年1月1日 ~ 2026年12月31日

研究への参加辞退をご希望の場合
この研究に関して新たに患者さんに行っていただくことはありませんし、費用もかかりません。この研究では日本全国規模において既に管理している患者さんのデータを使用させていただきます。患者さん個人のお名前や、個人を特定できる情報は一切公表いたしません。しかしながら、様々な理由により本研究への参加を辞退される場合には、遠慮なく担当医師へご連絡下さい。本研究への参加は患者さまの自由意志であり、参加の辞退を希望されても患者さんが不利な扱いを受けることは一切ありません。参加を辞退される方は、下記の担当医師へご連絡下さい。

いつでも相談窓口(担当医師)にご相談下さい。
関東中央病院 呼吸器外科 
電話番号 03-3429-1171(代表) (内線5772)  担当医師:加藤 靖文

2021年1月1日
呼吸器外科部長 加藤 靖文

リンク

NCD

National Clinical Database(NCD)への登録について