メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

患者さまへ

小児科

当科は、小児の内科疾患の診療、乳幼児健診、予防接種に加え、循環器やアレルギー疾患の専門外来を設け、中学生以下の小児疾患全般の診療にあたっています。成長発達の過程で生じる様々な問題に対しても、本人やご家族と十分に対話を重ね、改善の道を探ります。診療においては、お子さまやご家族の生活背景を伺い、一人ひとりに合った治療方針を提案します。必要に応じて院内の他科を含め、最適な専門医療機関をご紹介することも可能です。

初診の方は、午前の一般外来にお越しください。
中学生以下のお子さままでが対象となります。受診は保護者の付き添いが必要です。
母子手帳・お薬手帳もお持ちください。
基本的に予約の必要はありませんが、紹介状をお持ちの方は事前にご連絡をいただくと受診がスムーズになります。
再診の方は、午前の一般外来にお越しください。
急に具合が悪くなったお子さまは、上記以外の時間でも可能な限り診察します。必ず事前に電話連絡をお願いします。
発熱、発疹、下痢などの流行伝染性の感染症が疑われるお子さまの診療を目的に、外来に隔離室を設けています。

一人一人のお子さまの健康と笑顔を守れるよう、スタッフ一同丁寧な診療と説明を心がけています。

小児科部長 八谷 靖夫
資格 日本小児科学会専門医
日本小児神経学会専門医
小児慢性特定疾病指定医
医師緩和ケア研修会修了者

小児科概要

診療体制

常勤医師1名と非常勤医師で外来診療にあたっています。
全ての医師は、日本小児科学会小児科専門医です。

治療方針

治療ガイドラインやエビデンスに沿った治療を基本としています。
その上、お子さまやご家族の生活背景をうかがい、治療方針を提案しています。

得意分野

小児内科一般

その他

現在小児科は当直体制をとることができず、夜間・休日の救急診療ができずにご迷惑をおかけしております。

取り扱う主な疾患

小児の内科的疾患全般

治療手技

・血液検査、尿検査、レントゲン、心電図、エコー、脳波、CT、MRI
・感染症迅速検査(溶連菌、アデノウイルス、インフルエンザウイルス、ロタウイルス、RSウイルス)

専門外来(予約が必要です)
※予約電話時間 平日 午前9~11時、午後2~5時

循環器外来(毎週月曜日、12時00分より)

心臓聴診の異常、学校検診での精査、川崎病罹患後の経過観察などについて、診断や生活指導等を行います。
元部長の金子正英が、担当します。

アレルギー外来(第2,4水曜日、午後1時30分より)

気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーの診断・治療と生活指導を行います。
国立成育医療センターアレルギー科の先生に御担当いただいています。

乳幼児健診(毎週火曜日、木曜日、午後1時30分より)

公費負担健診に加えて、それ以外の月齢、年齢も行っています。乳児健診では栄養指導も行っています。

予防接種外来(月曜日・水曜日 午後1時30分より、火曜日・木曜日・金曜日 午後2時30分より)

公的な予防接種だけでなく、各種の予防接種をご相談しながら計画的に行います。ご希望に応じて、健診と同時に予防接種を行うことも可能です。