メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

肥満・減量外科外来

高度肥満症に対する外科手術

はじめに

肥満症は糖尿病をはじめとするさまざまな健康障害を引き起こします。
特に高度肥満症患者さんは、糖尿病や心疾患などが原因で、平均寿命が肥満でない方に比べて明らかに短いことがわかっています。
肥満症に対してはまず内科的治療が試みられますが、高度肥満症患者さんにおいてはリバウンドしてしまい、残念ながらあまり改善効果が得られないことが多いのが現状です。

肥満外科手術は1980年代初めにわが国に導入されて以降、手術件数は限られていましたが、近年、腹腔鏡下手術が導入され、さらに2014年医療保険制度にも取り入れられ、増加傾向にあります。
肥満に対する外科治療の有効性は内科的治療に比べて著しく高いことがわかっています。
また、糖尿病を始めとする肥満に関連した代謝疾患に対しても有効性が高いことから、代謝改善手術 (Metabolic surgery)としても大変注目されています。

手術の対象となる患者さんの条件

肥満症に対して6ヶ月以上の内科的治療を受けても十分な効果が得られない、年齢が65歳以下、BMI※が35以上の高度肥満があり、糖尿病を始めとする肥満に関連した健康障害を有している方が対象となります。
その他にも患者さんの状態によっては対象とならない場合がありますので、詳しくは担当医にお聞き下さい。

※BMI:Body Mass Index 体重[kg] ÷ 身長[m] ÷ 身長[m]で算出された値

手術方法

手術は腹腔鏡を使用し、傷の小さい、体に負担の少ない方法で行います。
肥満外科手術にはさまざまな術式がありますが、当院では現状で唯一の保険適応となっている、腹腔鏡下スリーブ状胃切除術(下図)を行っています。これは胃をバナナ状に細長く切除して、食事摂取量を減らす術式です。

腹腔鏡手術
腹腔鏡手術

スリーブ状胃切除術
スリーブ状胃切除術

合併症

腹腔鏡下スリーブ状胃切除術は安全性の高い手術法ですが(死亡率0.2%)、縫合不全1~2%、逆流性食道炎、通過障害などの合併症が起こることがあります。

チーム医療

肥満治療においては医師のみならず、多職種の関わりが重要であると考えられています。当院でも看護師、栄養士、臨床心理士、理学療法士、薬剤師、ソーシャルワーカー、事務職員が肥満症治療チームとしてメンバーに参加しており、術前、術後を通して、患者さんのサポートをさせて頂きます。患者さんは肥満症治療チームメンバーの中心であるとお考え下さい。

治療費に関して

肥満外科手術は保険適応の治療ですが、当院においては導入間もないため、現状では施設基準を満たしておらず、保険適応外診療となります。
当面の間、入院、手術でかかる費用に関しては当院で負担させて頂きますので、患者さんの自己負担はありません。(退院後の再入院や、外来通院に関しては保険診療となります。)
手術に際しては安全性を第一に考え、他施設の経験豊富な医師を招聘しまして、その指導の下に手術を行います。

最後に

肥満外科手術は肥満症に対して有効性の非常に高い治療方法ですが、手術をすれば治るというものではありません。治療を成功させる為には、手術後の食事制限を守って頂いたり、定期的な外来通院をして頂く必要があります。手術は肥満治療に対するきっかけと考えて頂ければと思います。

診療日

金曜日(第1、3、5週) 午前(予約制)

担当医師

外科医員 叶多 寿史
専門・得意分野 肥満・減量外科
資格 日本外科学会専門医
日本大腸肛門病学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
マンモグラフィ健診精度管理中央委員会読影認定医

お問い合わせ

外科外来
TEL:03-3429-1171(内線 3006)
肥満・減量外科外来 受診希望とお伝え下さい。