メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

患者さまへ

形成外科

形成外科では、主に体表の先天異常や後天性の変形を対象とし、外科的手技を駆使して形態、機能の改善をはかることを目的としており、患者さん個々の要望に合わせたきめの細かい診療を行っています。
整容的な治療(あざ、わきが、顔面などの小腫瘍、きずあと、ケロイド、眼瞼の修正など)も保険診療内で行っておりますので、気になる方、お困りの方は一度当科に御相談ください。


形成外科部長 丹生 淳史
専門・得意分野 顔の外科、再建外科
乳房再建
資格 形成外科専門医
日本形成外科学会会員
日本美容医療協会会員
乳房再建施設代表責任医師
医学博士

形成外科概要

診療体制

常勤医2名で、月・火・水・金の午前に外来を行っています。

治療方針

形成外科手術一般、レーザー治療など形成外科診療のほぼ全般にわたり対応可能です。
常に丁寧な診療と治療を心がけております。
乳幼児等、特殊な診療や治療が必要な場合は、その疾患に適切と思われる大学病院等に紹介させていただきますので、まずは当科に御相談ください。

得意分野

・顔の外科(眼瞼下垂や皮膚・皮下腫瘍など)
・再建外科(乳房再建など)

その他

診療体制上の都合で、シミに対するレーザー治療は、現在中止しております。
あざに対する治療は継続しております。
詳しくは形成外科外来までお問い合わせ下さい。

取り扱う主な疾患

  1. 交通事故・労働時の事故などによる外傷(特に顔面・手指)
  2. 体表面の腫瘍(良性・悪性の皮膚・皮下腫瘍、あざなど)
  3. 先天異常(耳介変形、口唇裂、多指・合指症など)
  4. 皮膚潰瘍(難治性潰瘍)
  5. 熱傷(やけど)、熱傷後の瘢痕、ケロイド、瘢痕拘縮(傷のひきつれ)
  6. 腫瘍切除後の欠損組織の再建(乳ガン、頭頚部癌などの切除術後)
  7. 美容診療(眼瞼の修正など)など

治療手技・手術

形成外科手術全般に対応可能。特に顔面の手術を専門領域とする。

診療実績

2015年
診療科で行った主な手術の件数
疾患名 件数
良性腫瘍(レーザー治療を除く) 103
熱傷 -
外傷、顔面骨折 232
先天奇形 19
悪性腫瘍、再建 39
瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 5
褥瘡、潰瘍 5
炎症・変性疾患 5
整容、その他 4