メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

お知らせ

木村副院長(看護部長)が瑞宝双光章を受賞しました

国家又は公共に対し功労のある者、社会の各分野における優れた行いのある者を表彰する「令和2年春の叙勲」にて、当院の木村弘江副院長(看護部長)が瑞宝双光章を受章しました。

以下、本人より受賞のコメントを述べさせていただます。

「令和2年春の叙勲に際しまして、はからずも瑞宝双光章受賞の栄に浴しました。

これもひとえに皆様方のご指導ご支援の賜と深く感謝申し上げますとともに、受賞に際してはご懇篤なるご祝意を頂戴いたし誠にありがたく厚くお礼申し上げます。

この栄誉は、看護業務の功労により賜ったものです。これまで勤務した国立国際医療研究センターや国立病院をはじめ看護に関わる皆様、そして何よりも多くの患者様からのご指導をいただきながら、看護に取り組むことで受賞の栄を賜ったものと考えているところでございます。

今後はこの栄誉を恥じないように、関東中央病院における看護の質向上に向けてより一層精進することで、これまでのご芳情に報いたいと存じますので、何卒これまでと同様にご厚情賜りますようよろしくお願い申し上げます。」