メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

お知らせ

「第22回日本病態栄養学会年次学術集会」腎臓病患者のためのレシピコンテストで、優秀賞に選ばれました!

「第22回日本病態栄養学会年次学術集会」腎臓病患者のためのレシピコンテストで、優秀賞に選ばれました!

2019年1月12日(土)、13日(日)にパシフィコ横浜にて開催された「第22回日本病態栄養学会年次学術集会」主催の「地域の伝統を生かした腎臓病食」レシピコンテストに当院の管理栄養士 石垣伽那子が参加し、試食審査、プレゼンテーション、一般投票の結果、優秀賞を獲得しました。

自慢のメニュー「ピリ辛ナポリうどん」

ピリ辛ナポリうどん

受賞レシピの中でも自慢のメニューは、「ピリ辛ナポリうどん」です。

ポイントは、減塩の工夫のひとつである辛味を利用するために、東京の名産品である「内藤とうがらし」を使ったこと。また麺類の中でもたんぱく質量が比較的少ない「うどん」を使用し、ピリ辛のナポリタン風に仕上げ、他にないオリジナルの料理にしました。通常のナポリタンで使用されるハムやソーセージなどの加工肉はリンを多く含むため、高たんぱくで手軽なツナ缶を使用しました。飾りには内藤かぼちゃも取り入れています。

「ピリ辛ナポリうどん」のレシピはこちら

内藤とうがらしとは
江戸時代の宿場町、内藤新宿で育てられた野菜のひとつ。
当時、そばの薬味として人気があり、新宿近郊の農家がこぞって栽培していたが、新宿宿場の繁栄で畑がなくなり栽培もなくなる。
それから約400年。2010年に内藤とうがらしプロジェクトが発足。
江戸東京野菜に認定され、歴史ある新宿の名物として再び脚光を浴びている。

1日の献立

アピールポイントは、手に入りやすい食材を使って作る美味しい腎臓病食です。

  • DO NOT USE特殊食品
  • 動物性蛋白比61%

朝食

【朝】
・関中おかずケーキ(レシピ
・フルーツ
・紅茶

昼食

【昼】
・ピリ辛ナポリうどん(レシピ
・茹野菜マヨサラダ
・リンゴソテー ~生クリーム添え~

夜食

【夜】
・米飯
・鮭のムニエル ~ジュレソース~
・スイートポテトいなり
・カレーマリネ(レシピ