メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

病気のはなし

そけいヘルニア(脱腸)について

外科医長 小林 敦夫

こんな症状はありませんか? 

・立った時に足の付け根にふくらみがある
・下腹部に違和感・不快感がある
・横になったり、手で押さえると引っ込む
・下腹部に強い痛みがあり、吐き気を感じる

それは「鼠径(そけい)ヘルニア」の可能性があります。

鼠径ヘルニアとは?

一般的に「脱腸(だっちょう)」と呼ばれる良性の病気です。ヘルニアとは臓器や組織が元あった場所から飛び出している状態を指します。
鼠径部(足の付け根)には元々弱い部分があり、加齢とともに鼠径部の弱くなった部分から腸などが腹膜に包まれた形で飛び出し、皮膚がふくらんできます。

鼠径ヘルニアとは

放っておくと?

成人の鼠径ヘルニアが自然に治る事はありません。放っておくとふくらみがどんどん大きくなって、目立つようになったり、痛みなどで日常生活に支障がでるようになります。
また、腸が出っぱなしになって戻らなくなる「嵌頓(かんとん)」と呼ぶ状態になると、首を絞められたような状態になって腸が腐ってしまう(壊死する)ため、ただちに緊急手術が必要になります。

鼠径ヘルニア 放っておくと

治療の方法は?

治療は手術が唯一の方法です。
手術では鼠径部の壁の弱い部分にポリプロピレン製のメッシュを埋め込み、腸の飛び出す穴をふさいでヘルニアを治します。
手術の方法は大きく分けて2通りあり、腹腔鏡を使ってお腹の中から手術をする方法と、鼠径部の皮膚を切開して前方から手術をする方法があります。
当院ではどちらの方法でも手術をすることが可能ですが、いくつかのメリットがあるため、最近では腹腔鏡による手術に力を入れています。

腹腔鏡手術のメリットは?

腹腔鏡手術は3ヶ所の小さなキズで行うため、手術の痕はかなり目立たなくなります。前方から手術する方法では4~6㎝ほどのキズで行います。

鼠径ヘルニア 腹腔鏡手術のメリット

キズが小さく、術後の痛みも軽いこと、症状が出にくい初期のヘルニアでも確実に診断ができること、さらに右と左の両側にヘルニアがあっても、同じキズから一度の手術で修復可能なことが、腹腔鏡手術の大きなメリットです。
手術は全身麻酔で行います。術後1~3日での退院が可能です。

鼠径ヘルニア 腹腔鏡手術

鼠径ヘルニア 腹腔鏡手術

最適な治療法は患者さまの病状によって異なる可能性があります。 「安全」「確実」で、かつ「からだへの負担が少ない」治療を心がけておりますので、気になる症状がある方は、悩まないで、どうぞお気軽にご相談下さい。

詳しくはこちらの診療科にて