メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

病気のはなし

膀胱がんの放射線治療

放射線科部長   服部 英行

 膀胱がんの標準的治療は、①膀胱の筋肉にがんの浸潤が認められない膀胱がん(筋層非浸潤性膀胱がん)の場合は、経尿道的膀胱腫瘍切除術(TURBT)を行った後に、抗がん剤やBCGなどを膀胱内に注入する方法で、②膀胱の筋肉にがんの浸潤が認められる膀胱がん(浸潤性膀胱がん)の場合は、代用膀胱形成術等の膀胱再建術を含めた根治的膀胱全摘術です。つまり、膀胱がんの標準的根治治療(治癒を目的とした標準的治療)には放射線治療は含まれていません。

 しかし、浸潤性膀胱がんで、患者様が膀胱温存を強く望まれた場合、膀胱外への腫瘍の進展がなく、腫瘍の数が少なく、腫瘍が小さい場合には、TURBT、化学療法、放射線治療の三者併用療法で根治的治療(治癒を目的とした治療)が行われる場合があります。この治療法は、TURBTで腫瘍の大きさをなるべく小さくし、プラチナ製剤を含む化学療法の投与と同時に放射線治療を行います。  放射線治療は、1日1回1分程度の照射(放射線治療)を平日に毎日、30回(2~3回追加する場合もあります)行います。放射線の線量は、1回2.0グレイ、総回数30回ですので、2.0×30=60.0、つまり、総線量は60.0グレイとなります。化学療法は、一般的に、放射線治療開始とほぼ同時に1コース行い、終了前に1コース、計2コース行います。当院の治療成績は、症例数は少ないですが、60.0グレイまで施行した患者様で、かつ化学療法も2コース行った患者様は、膀胱全摘術と余り変わらない治療成績です。

 なお、当院では、放射線治療20回目(40.0グレイ)の時点で内視鏡(膀胱鏡)で治療効果の評価を行い、予定通りの効果が得られていない場合は、膀胱全摘術に治療法を変更しています。しかし、ガイドラインによる浸潤性膀胱がんの標準的治療は膀胱全摘術ですので、放射線科や泌尿器科から、この治療法を積極的に勧めることはありません。

 また、過去に子宮頸がんなどの手術をしていて、膀胱周囲の癒着が強く膀胱全摘術が困難な方、膀胱全摘術に耐えることが出来ない方に、上記の三者併用療法(TURBT後の化学療法と放射線治療の同時併用療法)が行われる場合があります。また、化学療法に耐えられない方は、化学療法を抜いた放射線治療を行うことになります。化学療法を行わない場合は、膀胱がん制御率や予後は劣りますが、根治が不可能という訳ではありません。

 合併症としては、放射線治療中(終了後1か月程度まで)は、頻尿、排尿時痛、下痢などがあります。放射線治療終了後、半年以上経過後に、直腸出血、小腸出血、慢性的な頻尿や排尿障害、膀胱出血、膀胱萎縮などが稀に起こることがあります。

 放射線治療全般に言えることですが、放射線治療中に起こる急性障害は原則治りますが、放射線治療終了後半年以上経過後に起こる後期障害は、起こる確率は低いですが、起こった場合、難治性のことがあります。しかし、後期障害が起こることは稀ですので、放射線治療を行うと決めた場合、心配せず、安心して治療を受けるようにしてください。

診療科のご案内