メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

リワーク(復職支援)プログラム

当センターのリワークプログラムの特徴

精神の不調、とくにうつ病などのために休職していた方々の職場への復帰は慎重に、かつ段階的に進めることが必要です。わが国では、精神の不調を脱して職場への復帰を目指しておられる方々のために、復職支援の治療プログラムが考案されており広く行われています。リワーク・プログラムと呼ばれています。関東中央病院メンタルヘルスセンターでは、うつ病(躁うつ病を含む気分障害)・重度ストレス反応(神経症性障害)などのために休職している教員に対して、このリワーク・プログラムを行っています(人数に余裕のある場合は私立学校の教員の方もご利用いただけます)。

リワーク・プログラムは、同じような悩みと課題を持っている方々が共同で、語り合いながら職場で働くための快適な心身の状態をつくり上げるのを援助する、という集団療法を改変した治療手法です。具体的には、生活リズムを維持する工夫を学びそれを実践すること、精神障害の症状・こころの変化について理解(心理教育)し対処の仕方を学ぶこと、コミュニケーション力を回復するためのさまざまな工夫を行うこと、ストレス因を解消するための「遊び」的活動を生活に取り入れること(美術、運動、園芸など)などの課題にとりくんでいただきます。プログラムの中で、活動性をあげていくペースについては医師、心理士が個別面談で決めていきます。

とくに当メンタルヘルスセンターが行うリワーク・プログラムは一般企業への職場復帰支援とは異なり、公立学校という職場に特有の困難やストレスを話し合える場を提供できるという点に特徴があります。また、薬物療法重視の現在のわが国の現状をふまえて、医師や担当心理士による個別面談を比較的重視しているという点も当リワーク・プログラムの特徴です。教育現場という職場の特殊性・現状を理解したうえで、発症前の状況・事情・心の状態について、ご本人の仕事への取り組みかたについてのお話を伺います。うつ病等の発症誘因は職場にだけではなく、より個人的な事情に含まれていることもありますので、この心理治療をご自身で振り返っていただく機会として活かしていただきいと考えています。

注意事項

当院のリワークプログラムに参加を希望される方は、期間中は当院リワーク担当医に主治医を変更し、定期的な診察を受けていただきます。(それまでの主治医からの情報提供書を持参の上ご参加ください。リワークプログラム終了後の通院治療は、それまでの主治医の先生のおられる医療施設に戻っていただくことを原則としています)。