メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

患者さまへ

心臓血管外科

 当科は、心臓血管外科専門医認定機構の認定施設として、心臓と血管の外科的治療(手術)を担当しています。
 当科には三つの信条があります。それはPatient-centricity(患者様中心に考える事)、Long-term thinking(医療に対する長期的思考)、Passion for invention(創意工夫にかける熱意)です。患者様中心に考えないと医療に対する熱意は生まれません。長期的思考が無ければ患者様一人一人への創意工夫をした医療ができるとは思いません。創意工夫がなければ本当の意味で患者様中心の医療とはなりません。この三つは相互作用しながら、究極的には医療を受ける側、医療を行う側の緊密な関係を作ります。
 この信条のもと、私たちは冠動脈疾患(心筋梗塞,狭心症)のバイパス手術、心臓弁膜症,大動脈疾患(胸部・腹部動脈瘤,急性大動脈解離)、先天性心疾患、末梢血管疾患(閉塞性動脈硬化症,下肢静脈瘤)などの手術を行います。具体的には循環器内科との密接な連帯のもとに、手術が必要な患者さんとご家族と充分に話し合い、最良でかつ成績が安定しているスタンダードな手術方法を選択し、手術をさせていただきます。

担当医紹介

心臓血管外科部長 笠原 勝彦
資格 心臓血管外科専門医修練指導者
心臓血管外科専門医
日本外科学会認定医,専門医,指導医
日本胸部外科学会認定医
腹部ステントグラフト実施医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本不整脈学会認定不整脈専門医
植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療実施医
下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医
日本医師会認定産業医
身体障害者認定医(心臓機能障害)
医学博士

心臓血管外科 川崎 暁生
資格 日本外科学会認定医,専門医
腹部ステントグラフト実施医,指導医
胸部ステントグラフト実施医
日本脈管学会認定専門医
下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医

心臓外科概要

診療体制

常勤医3名、非常勤3名にて診療しています。
月曜・水曜・金曜には予定手術、火曜・木曜日の午後に外来診療を行っています。
東京都CCUネットワーク及び大動脈ネットワークに加盟しております。
外来診療は術後の患者さんの経過観察及び新規患者様の受診も受け入れてます。

治療方針

術前検査(心臓カテーテル検査,血管造影含め)は循環器内科と協力し、全身検査を行います。 患者様の状態にあわせ手術の必要性を判断し、詳しく患者様とご家族に説明をさせていただきます。手術後は患者様に合わせて早期にリハビリをさせていただき、退院後の生活にスムースに移れるようにします。

取り扱う主な疾患と手術

虚血性心疾患(冠動脈バイパス術)

冠動脈(心臓を栄養している血管)が動脈硬化などで細くなったり、詰まったりすると、狭心症または心筋梗塞と診断されます。症状としては、胸が痛くなったり、苦しくなったりします。まずは循環器内科で内服治療やカテーテル治療を行いますが、重症の場合に外科手術を選択します。
細くなったり、詰まっている血管の先に新しい血液の流れを作ることが冠動脈バイパス術です。患者様の病態に合わせ、人工心肺を使用して心臓を止めて手術を行ったり、人工心肺を使用しないオフポンプ(低侵襲)手術も積極的に行っています。

弁膜症(弁形成術・弁置換術)

心臓の中は4つの部屋に別れており、それぞれの部屋の出口に血液が一定の方向に流れるように扉が付いています。これを弁と呼びますが、この弁がしっかり閉まらなくなると逆流(閉鎖不全)を起こし、狭くなると(狭窄)血液の流れが悪くなり、弁膜症と診断されます。
弁膜症が進むと、動悸や息切れ、疲れやすい、胸痛、呼吸困難、むくみ、不整脈、心不全といった症状が現れます。逆流や狭窄が軽度であれば、循環器内科で内服治療を行いますが、重症になってくると外科手術が必要になります。手術には患者さん自身の弁やその周囲の形を整え、弁の機能を回復させる弁形成術と、人工弁を用いて患者さんの弁を取り換える弁置換術があります。
弁置換術後は血栓塞栓症の危険性が高く、抗血液凝固療法を必要とします。形成術後では2ヶ月間程度の抗血液凝固療法が必要ですが、その後は不要です。
また、形成術の方が術後の回復も早く、大動脈弁狭窄や閉鎖不全症では、弁置換術がほとんどですが、僧帽弁狭窄や閉鎖不全症に関しては積極的に形成術を行っています。

胸部大動脈瘤(人工血管置換術・ステントグラフト内挿術)

心臓から全身への血液がながれ行く幹の血管が大動脈といいますが、特に胸の部分を胸部大動脈と言います。その血管がこぶ状に膨れた状態を胸部大動脈瘤と言います。
原因は動脈硬化や高血圧と考えられていますが、5-6cm以上になると破裂の危険性があり手術をお勧めします。破裂するまでは無症状の事が多く、検診胸部レントゲン撮影にて縦隔拡大として指摘されることがあります。動脈瘤が破裂すると突然の胸痛や背部痛が出現します。未破裂瘤の治療は瘤が小さければ、血圧を低く維持して定期的なCT検査で経過観察です。リスクを避ける為には、破れる前に手術を受けなければなりません。小さくても一方だけ膨らんだタイプ(嚢状瘤)は破裂する危険性が高い為、外科的治療を選択します。
手術は太くなった血管を人工血管に換える手術(人工血管置換術)を行っています。高齢者や持病がある患者さんではリスクが高く、大きな動脈瘤が見つかっても手術が出来ないということもありました。最近ではステントグラフト治療が制限はありますが、保険適応となり、当院でも施行しています。ステントグラフト内挿術とは、片方の足の付け根を数㎝切開して、この部分の血管から、ステントと呼ばれる金属の骨格が付いた人工血管を小さく折りたたんだ状態(ステントグラフト)で、血管の中を通して胸まで進めて、レントゲン画像で確認しながら拡げ固定する手術です。手術による負担が少ない為、今まで手術を断念していた患者様にも、治療の可能性が広がりました。傷が小さく済みますので、術後の痛みも少なく、入院期間も人工血管置換術に比べ短くて済みます。

腹部大動脈瘤(人工血管置換術・ステントグラフト内挿術)

お腹の中を通っている一番太い動脈を腹部大動脈といいますが、その血管がこぶ状に膨れた状態を腹部大動脈瘤といいます。
原因は動脈硬化や高血圧と考えられていますが、5cm以上になると破裂の危険性があり手術をお勧めします。破裂するまでは無症状の事が多く判らないまま放置されているのが現状です。動脈瘤が破裂すると突然の腹痛や腰背部痛が出現します。治療は瘤が小さければ、血圧を低く維持して定期的なCT検査で経過観察です。
リスクを避ける為には、破れる前に手術を受けなければなりません。小さくても一方だけ膨らんだタイプ(嚢状瘤)は破裂する危険性が高い為、外科的治療を選択します。
従来は、お腹を大きく切り、血液の流れを一時的に止めて、血管がこぶになっている部分を人工血管に置き換える手術(人工血管置換術)を行っていました。手術は確立されており安全性も向上していますが、開腹手術の為、高齢者や持病がある患者さんではリスクが高く、大きな動脈瘤が見つかっても手術が出来ないということもありました。
最近ではステントグラフト治療が制限はありますが、保険適応となり、当院でも積極的に施行しております。ステントグラフト内挿術とは、両足の付け根を数㎝切開して、この部分の血管から、ステントと呼ばれる金属の骨格が付いた人工血管を小さく折りたたんだ状態(ステントグラフト)で、血管の中を通してお腹まで進めて、レントゲン画像で確認しながら拡げ固定する手術です。
手術による負担が少ない為、今まで手術を断念していた患者様にも、治療の可能性が広がりました。傷が小さく済みますので、術後の痛みも少なく、入院期間も人工血管置換術に比べ短くて済みます。

急性大動脈解離(人工血管置換術)

血圧の急激な上昇に伴って、突然の胸部痛や背部痛で発症することが大部分です。大動脈の内側の壁が縦方向に裂ける(はがれる)ため、大動脈は2層(真腔と偽腔の2ルート)に分かれます。
解離のできる部位によって危険性や治療方法が異なります。解離が心臓に近い場合は緊急手術(人工血管置換術)が必須です。 頭に分かれていく弓部大動脈よりも足側だけの場合、安静・降圧治療となります。

下肢静脈瘤

足の静脈が膨らんで浮き出たり、瘤(こぶ)のようになった状態を下肢静脈瘤と言います。
静脈瘤の進行はゆっくりで、年単位で発達してきます。当初は無症状で放置されている方が多いと思います。
静脈は血液が心臓に戻る為の血管です。静脈には一旦心臓に近づいた血液が戻らないように “弁”がついていますが、この“弁”が壊れてしまうと血液が逆流して足に血液が溜まってしまい、血管内の圧力も高まり、血管が徐々に膨らんできてしまいます。この状態が静脈瘤です。
静脈瘤は自然に良くなったり治ったりすることはありません。進行すると、むくみや、だるくなったり疲れやすくなったりします。痛みや、こむら返り(足がつる)を頻回に感じる事もあります。皮膚の栄養状態も悪くなるため、湿疹やかゆみも出ます。さらに症状が進行すると、皮膚炎や皮膚潰瘍となります。
当院では、ごく軽症の場合は弾性ストッキングの着用などで経過を見ますが、レーザー治療、瘤切除術を行っています。傷は静脈瘤の状態によって変わりますが、5㎜から2㎝程度のものが片足に3~8箇所程度です。局所麻酔か全身麻酔で手術を行い、静脈瘤が軽度のものは日帰り手術も可能です。入院する場合は通常1泊2日か2泊3日です。レーザー治療が保険適応となり当院でも導入されています。レーザー治療は傷が目立たず 痛みも少ないことから静脈瘤が気になる方は是非心臓血管外科外来にお越しください。

閉塞性動脈硬化症

下肢動脈の狭窄や閉塞に対し、循環器内科と協力し、カテーテル治療(経皮的血管形成術)やバイパス手術を行っています。

その他の心臓手術

左室縮小形成術(バチスタ手術等)、メイズ手術(心房細動に対する外科手)、
成人先天性心疾患(心房中隔欠損症・心室中隔欠損症)に対する根治術、
心臓腫瘍切除術等