メニュー

公立学校共済組合 関東中央病院

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

リワーク(復職支援)プログラム

FAQ

1.リワークの期間を教えてください。

期間は3か月(10週)を基本としています。

2.費用はかかりますか?

外来復職支援のデイケアとして保険診療で行います(診療費がかかります)。
自立支援も使うことが出来ますので、お問い合わせください。
リワークプログラムの院外活動については交通費をご負担いただく場合があります。

3.人数に定員はありますか?

定員は1クール10名程度で行っています。

4.参加にあたって医師の初診が必要なのはどうしてですか?

本院のリワークプログラムは医師と連携したプログラム構成になっております。参加者の皆様が効果的にプログラムを体験できるよう、参加なさる前とリワーク参加中に継続して医師が診察を行います。治療の一環としてのリワークプログラムですので、リワーク参加期間中は主治医を本院に移していただくようお願いしております。

5.リワークを休むこともあるかもしれませんが、参加しても大丈夫ですか?

本院のリワークプロラムはうつ病の回復期の方々を対象としています。
昼間に横にならないで起きていられること、週3日のプログラムの開始時間に間に合って出席が出来ることが目安となるでしょう。

6.昼食はどうしたらいいですか?

各自で周辺のお店をご利用いただきますようお願いいたします。
周辺のお店に関する情報については、ご利用マップをお配りします。

7.運動プログラムはどのようなことをしますか?

運動プログラムは生活リズムを整えて体力を回復していくことを目的に行います。家や職場に戻った時にお一人でも出来るウォーキング、ヨガ等を行います。

8.リワークのプログラムに個人面談もあると聞きました。面談で何をしますか?

リワークプログラムにおいて集団の体験と個人の体験は復職へのステップを踏む両輪となります。個人面談は休職についての振り返り、参加者様の強みと課題を見つけて行き、復職に向けて強みを活かす方向で行います。

9.リワーク参加にあたって用意するものはありますか?

上履きをご用意ください。また、園芸療法があるクールでは土の作業が可能な靴、汚れても大丈夫なジャージ等のご用意をお願いしています。

10.私学の教員ですが、参加することは可能ですか?

公立学校共済組合員の教員の先生方を優先しています。
定員に空きがあれば私学の小、中、高の先生方の参加も可能ですので、電話でお問い合わせください。