このページでは、Javascriptを使用しています

当病院について

当病院について

基本理念と行動指針

医療倫理委員会

3月14日開催医療倫理委員会審査結果について

研究倫理課題1

申請者   消化器内科医長  後藤 絵理子
肝硬変に伴う食道静脈瘤結紮術施行時の栄養状態の検討〜アミノ酸製剤の投与に伴う栄養状態の変化〜

→条件付き承認   承認番号【24−6−001】

研究倫理課題2

申請者   消化器内科医長  後藤 絵理子
肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法前におけるシスプラチン併用肝動注化学療法(CDDP-TAI)の再発抑制効果に関する多施設共同無作為化比較試験

→条件付き承認   承認番号【24−6−002】

研究倫理課題3

申請者   外科医長  児玉 俊
切除不能な大腸癌症例におけるセツキマシブを含む一次治療の観察研究

→条件付き承認    承認番号【24−6−003】

研究倫理課題4

申請者   神経内科医長  稲葉 彰
神経筋疾患における電気生理学的検査の有用性に関する多施設共同観察研究

→承認        承認番号【24−6−004】

研究倫理課題5

申請者   神経内科部長  織茂 智之
重度嗅覚障害を呈するパーキンソン病を対象としたドネペジルの予後改善効果に関する研究

→条件付き承認    承認番号【24−6−005】

研究倫理課題6

申請者   神経内科部長  織茂 智之
軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症患者を対象としたMK-8931の二重盲検無作為化プラセボ対照並行群間比較試験 (薬理遺伝学研究)

→承認    承認番号【24−6−006】  

研究倫理課題7

申請者   消化器内科医員  高原 楠昊
自己免疫性膵炎治療におけるステロイド中止後の無症候性高IgG血症に対し、ステロイド再開が臨床的再燃を予防するか否かを検討する無作為化比較試験

→条件付き承認   承認番号【24−6−007】 

研究倫理課題8

申請者   消化器内科医員  高原 楠昊
自己免疫性膵炎におけるステロイド中止後の予後調査研究

→条件付き承認    承認番号【24−6−008】

研究倫理課題9

申請者   地域医療係員  篠田 聖子
急性期病院におけるソーシャルワーカーの実務基準と質指標の開発に関する調査

→条件付き承認    承認番号【24−6−009】】
 
※患者様向け通知ポスター                  

 

 

 


このページのトップへ